全日制
HOME >  全日制 >  食物科 >  食物科 P.1

食物科 P.1


愛知県高等学校家庭科研究大会レジュメ(PDF)を掲載しました。
愛知県高等学校家庭科研究大会講演レジュメ(PDF)を掲載しました。



食物科通信 Vol.1(PDF)を掲載しました。

食物科 平成29年度体験入学ご報告(PDF)

高校家庭科の教員を目指す人へ





食物科 平成28年度課題研究発表会のご報告(PDF)
食物科 平成27年度課題研究発表会のご報告(PDF)

平成28年度2年生「工場見学&テーブル・マナー」(PDF)


食物科 夏期休業中の特別講義について(PDF)

全国産業教育フェア愛知大会での食物科の活躍(PDF)
全国高校生クッキングコンテスト銅賞・瑞陵高校食物科2名(PDF)
全国高校生クッキングコンテストで快挙!!(PDF)

食文化の創造を目指し、栄養理論と高度な調理技術を専門に学習します。
卒業後は生活・家政系を主とした大学・短大をはじめ、専門学校・一般企業へも幅広く進んでいます。
学校週5日制に対しては、食生活の分野に関する進学希望実現を目指し、
週2日7限授業(月曜日と水曜日)を実施しています。

食物科のめざす教育

  • 1. 一人一人の個性を大切にする、ゆきとどいた少人数教育
  • 2. 食生活のプロフェッショナルをめざす、専門知識と専門調理技術の学習
  • 3. 社会の変化に対応できるための、主体的な学習活動
  • 4. 明るく健康的な高校生活

食物科の沿革

昭和23年新制総合高校として瑞陵高校家庭課程が設置されました。
昭和38年から「食物科」と名称を改め、県下唯一の特色ある学科として発展し、現在に至っています。
(1学年1クラス40名)

専門科目の内容と資格取得

1. 専門科目の内容

栄養(3単位)食物科の理論学習の中心となる科目で、
栄養素の働きやその必要性、栄養所要量等について学びます。
食品(2単位)食品の種類や栄養的特徴、料理上の性質、加工法、貯蔵法等を学びます。
食品衛生(3単位)食品の変質、食品添加物、食中毒、環境汚染物質による食品の汚染等を学びます。
調理(16単位)食物科の技術学習の中心となる科目です。
個人の技術習得に力を入れ、2人又は4人単位で実習します。
課題研究(3単位)1・2年で学んだことを基礎にして、自分で課題を決め、
研究調査、実験・実習を行いレポートを作成します。
生活産業情報(2単位)コンピュータの役割や仕組みと、その利用及び活用法について学びます。
生活産業基礎(2単位)生活に関連する職業への関心を高め、必要な知識と技術を学びます。

2. 調理実習の単位数

単位数
1年生中国料理2
日常食・調理実習2
2年生西洋料理3
日常食3
3年生日本料理3
集団給食・食品加工3

3. 資格取得

全国高等学校家庭科食物調理技術検定4級から1級までを受検します。
(1年生は4・3級 2年生は2級 3年生は1級)
全商協会ビジネス文書実務検定3級から1級まで受検します。

履修科目(3年間で)

<普通科目>合計60単位(63%)
 国語(14)・地歴(5)・公民(2)・数学(7)・理科(8)・保健体育(9)・芸術(2)・英語(13)
<専門科目>合計33単位(34%)
 家庭総合(3)・生活産業基礎(2)・栄養(3)・食品(2)・食品衛生(2)・課題研究(3)・生活産業情報(2)・調理(16)
<特別活動>合計3単位(3%)
 ホームルーム活動(3)

( )内は単位数(週あたりの時間数)



平成27年度以降入学生(1~3年生)教育課程編成表(PDF)2017.10.24公開




食物科 P.2 へ

 

このページの先頭へ